風水でフェラーリ様は買えるのか!

2012年09月16日

全力をつくす 其の一

『最近、ブログの更新が少ないですね。』

先日、ある方にこう言われた。とてもじゃないがここ三カ月くらいの間は平日に更新出来る
ような状態ではなかった。有難い事に仕事が凄まじく忙しかったのだ。というより忙しくした
のだった。

数ヶ月前にまるかん田園調布店の佐藤塾長にこうアドバイスを頂いた。
あぶらさんは、後は正当なる努力だよ。』と言われた。

このアドバイスの中には努力プラス『力を出し切ること』、全力を尽くすことが含まれている。
言われた当初はハッキリ言ってムカついた。俺だってやれることはやっているよ!と言いたか
った。だが時が経つにつれてホントに力出し切っているか?、頭の血管切れそうになるくらい
頑張っているか?というと甚だ疑問だった。出し切っていないんじゃねえか。。。

以前から申し上げているとおりに、オレさまの会社は今年12月を以って大手通信会社との契約
が満了となります。このまま行きゃ誰もがプー。仕事を失うのである。3月に発表があり、その
後の社内の空気といったら『やってらんねー。』この一言。午前中早々から昼飯何食うかとか、
くだらねえ井戸端会議、終いには仕事もしないで社内のオンナのケツを追い掛け回す輩さえ現
れた。何なんだこの有り様は!。オレさまの怒りは頂点を迎えた。

もうイイ。誰もやらないならオレ一人でもやる。そのかわりやった分のインセンティブは一人占め
してやる!。そう思ったのだ。そして一人目標を掲げた。それは以前ある商品で全国2位の実績を
上げた数字の倍。これが最低ライン。それを当初は7月に達成させて、次の8,9月についてはそれ
以上の数字を上げる計画だった。未だ自分でやったことも無い数字。しかし今やらなければ、今
全力を出し切るしかなかった。そして今ならやれるはずだ。そう思った。

会社内の空気に呆れかえったこともあったが、一番のキッカケは数カ月前にオレさまはある女性
に『幸せにすること』、『仕事を頑張ること』を偉そうにも宣言していた。しかし彼女の反応は冷やや
かなものだった。しかし冷ややかで当然の結果だった。彼女を納得させられる仕事ぶりではなかっ
たのだとオレさまは思ったのだった。これを見返すには必死こいて仕事するしかなかった。しっか
り働いて、しっかり稼げなければ、どうやって彼女を幸せに出来るのだろう。社内でオンナのケツ
を追いまわす輩を見て、こんなヤツには死んでもなりたくない。更に気持ちに拍車が掛かり、全力
で仕事に集中した。全てひっくり返してやる。それだけだった。

どうやって今まで以上の営業成績が残せるのか全く分からなった。ただ12月の期間満了を考える
とリミットは9月だと思った。そう思うと時間は無かった。それが6月の事。どれだけやれば全力を
尽くすことになるのか?全然分からなかった。ただ必死こくしかなかった。毎日今日一日必死に
やるしかなかった。明日にこの仕事をまわそうなんて事は出来なかった。

素晴らしい営業戦略とかも無い。無闇やたらにテレアポをし、飛び込み訪問を続けた。今日何件
テレアポしようとかも無い。目標が目標だけにそれを達成するだけの案件を作るだけだった。し
かし6月当初は全く案件が無く、自分が掲げた数字とのギャップに唖然とした。自分が掲げた目標
を絶対に下ろす訳にはいかない。自分で掲げた目標がこんなにプレッシャーなるとは思いもしなか
った。出来たらイイなではない。やるのだ。

必死こく自分と社内のぬるい空気にイライラし、『機嫌が悪い』、『笑顔が消えた』などとも言れた。
イラついて仕事をする事はいい事ではないと自分でも思います。しかしたいして力の無い自分に出
来る事は、真剣に仕事を全力でこなすしかなかった。自分で掲げた目標の為にギリギリまで仕事を
した。会社に帰るともう誰もいないなんてことも多かった。

『明日もし死んだとしても、後悔はしない今日を。』

死ぬ訳にはいかないが、そう思っていた。
アホみたいな毎日がスタートした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村







posted by あぶら at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。